ふじのくに移住ポータルサイト

  1. ホーム
  2. ダモンデ教授の会いたいもんで!
  3. 東京都から熱海市へ移住 高須賀さん

vol.63 東京都から熱海市へ移住 高須賀さん

掲載日 2021年01月29日
Iターン
夫婦

仕事の軸足を東京に置きながら、マリンライフを満喫。

観光地として全国にその名を知られる熱海市。山と海に囲まれた風光明媚な土地と夏涼しく冬暖かい過ごしやすい気候、そして豊かな温泉は、古くから多くの人々を惹きつけてきました。また、伊豆半島の付け根に位置し、新幹線で東京駅から約50分と首都圏からのアクセスも良いことから、近年ではリモートワークの拠点としても注目を集めています。東京で20年以上暮らした高須賀哲さんは、結婚を機に3年前に熱海に移住。仕事で熱海と東京を行き来しながら、夫婦でサーフィンや釣りなどマリンライフを楽しんでいます。

熱海市に移住した経緯を教えてください

結婚が決まり、都内で二人暮らしをしようと物件を探していました。しかし、子育てをするならもっと自然のあるところがいいと妻に言われ、東京以外のエリアも視野に入れるようなりました。僕はフリーランスの編集・ライターで自宅で仕事をしていることが多く、妻も結婚を機に退職していたため、住む場所は比較的自由に選べました。
物件探しをしていた頃、ふと思い立って伊豆に一人旅に行ったんです。すると、新幹線を使えばあっという間に熱海に着いた。これなら東京に仕事の軸足を置きながら熱海で生活ができるんじゃないかと思い、早速、帰りの新幹線の中で物件情報をスマホで調べてみたんです。すると、東京のマンションよりも低価格でしかも温泉付きの物件がたくさんあった。すぐに妻に熱海に住むのはどうかと提案してみたところ、驚きながらも乗り気になってくれました。それから何度か熱海に通って物件を決めて、半年後には引っ越していました。

お仕事について教えてください

ファッション誌やライフスタイル誌、ウェブサイト、教育系の媒体で原稿を執筆したり、ファッションブランドのカタログを編集したりするのが主な仕事です。東京のクライアントがメインで取材場所も都内が多いため、月に数回は都内に出ています。都心で仕事がある時は新幹線で品川駅か東京駅まで出て、そこから取材場所まで向かいます。郊外での取材は車で行くことが多いです。新幹線に乗っている間はいつもPCを広げて原稿を書いています。
マンションの一室を仕事場にしているので、基本的にはそこで原稿を書いています。たまに気分転換に近くのコワーキングスペースや喫茶店で仕事をすることもあります。原稿に行き詰まった時は海を眺めて頭をクリアにしたり。ライター仕事にとってはいい環境だと思います。
コロナ禍により撮影が難しくなり、カタログ製作の仕事が無くなるなどの影響はありましたが、仕事のやり方自体はさほど変わっていません。もともと、取材や打ち合わせ以外はテレワークのようなものでしたから。移住前は「東京を離れると仕事が減るよ」なんて言われたこともありましたが、実際は熱海に住んでいることを面白がってくれる人も多く、「移住特集を編集してください」とか、「熱海について書いてください」という依頼が増え、むしろ仕事が上乗せされた面もあります。

休日の過ごし方を教えてください

1年半前からサーフィンを始めました。宇佐美や湯河原のサーフスポットまで車ですぐなので、時間に余裕があって波がある時を選んで行っています。熱海で仲良くなった友人たちと釣りに行くのも最近の楽しみです。東京にいた時は、サーフィンや釣りに行くとなれば一大イベントでしたが、今では気が向いた時にふらっと行けるのがうれしいと妻も喜んでいます。海で体が冷えたら、マンションの温泉大浴場に浸かってゆっくり体を温めます。それが至福の時間ですね。

移住を考えている人へ熱海市の魅力を教えてください

熱海には厄年の男性が参加する伝統的なお祭りがあります。僕は縁あって、そのお祭りに参加して、地元の人たちの輪の中に入れてもらうことができました。みんな同い歳なうえ、とてもフレンドリーに接してくれたのですぐに溶け込むことができ、今では頻繁に飲みに行ったり釣りに行ったりする仲間になっています。
また、昨年から若い移住者と一緒に熱海の名所や老舗のホテルや喫茶店のグッズを製作して熱海の魅力をアピールする事業を始めました。地元の事業者の方々はとても協力的で、新しい取り組みを面白がってくれています。そんな風に、地元の方々も移住者もフレンドリーな人が多く、人を受け入れてくれる土壌があるように思います。また、観光地として復活したこともあり、街に活気があって、移住者でも何かができるという可能性を感じさせてくれます。
東京からのアクセスが良いことから、僕たちは移住というより引っ越しくらいにしか考えていませんでした。また、お祭りに参加したり、新しい事業を始めることもまったく頭になく、サーフィンを始めることなんて想像もしていませんでした。しかし、様々な出会いや刺激があり、気づけば色んなことにチャレンジしています。熱海は僕にとって癒しもあれば刺激もある場所。東京がすべてじゃないと本当に実感しています。