ふじのくに移住ポータルサイト

  1. ホーム
  2. ダモンデ教授の行きたいもんで!
  3. 金座ボタニカ

金座ボタニカ

取材日 2016年03月18日

おもしろい人が集まり、おもしろいモノが生まれる。創造性の連鎖を生みだす個性的なシェアスペース。

静岡市の中心地は葵区の本通へ通じる裏路地にてひっそりと佇み、古きよき昭和の香りを漂わせている金座ボタニカ。かつては三菱商事の社員寮だった廃墟同然の建物を、現オーナーの下山晶子さんがスタイリッシュなアーティスト・ロフトへと再生.。各個室エリアは希望者にシェアオフィスやアトリエとして提供されています。
金座ボタニカに入居しているのは、デザイン系のオフィスや飲食店、古着屋、タイ式マッサージサロンと様々。「〝雑居ビル〟にはしたくなかったので、職種を限定しました」と下山さん。入居者同士の交流も楽しく、今やアーティストたちの活動拠点となっている金座ボタニカは、訪れる人を〝何だかおもしろそう〟という気についさせてしまう……そんな独創性と活気にあふれています。

主に入居者へと開放されている2階のサロンスペースは、平日の昼間は食堂として、金・土曜日の夜はBARとして営業中。室内にはアーティストたちの作品が飾られ、ギャラリーとしても楽しめます。また、英語だけで会話を楽しむパーティ「English Night」やボタニカ内のお店のイベントなどが企画され、日々多くの人が集います。そこから新たな交流や企画が生まれることもあるそうです。その他、アートスペース「ボタニカ美術館」はギャラリーやイベントへの貸し出しもOK。

過去と現在、未来、そして人をつなぐ……既成概念にとらわれず、豊かな創造性で進化をつづける金座ボタニカ。日々、好奇心旺盛な人が集って刺激を分かち合い、これまで、そしてこれからも新たな魅力を生み出していくでしょう。
ちなみに、かつてのお風呂場もそのまま残っており、入居者を募集中だそうです。
静岡を拠点にして、新たに何かを生み出したい方にはオススメスポットですよ♪

金座ボタニカ

住所
静岡県静岡市葵区研屋町25