ふじのくに移住ポータルサイト

  1. ホーム
  2. ダモンデ教授の行きたいもんで!
  3. 川根鵜山の七曲パラグライダーパーク

川根鵜山の七曲パラグライダーパーク

取材日 2018年01月28日

大井川が作り出すダイナミックな景観を全国の人に知ってほしい

島田市は、南アルプスへと連なる緑豊かな山々の間をぬい、駿河湾にそそぐ大井川が流れています。大井川中流の島田市川根町鵜山(うやま)では、川が約4kmに渡り大きく蛇行した、独特の地形が見られます。ここは、「鵜山の七曲り」と呼ばれ、静岡県の天然記念物にも指定されています。大井川に沿って走る大井川鐡道の家山駅から車で約30分、国道473号線の山道を登っていくと、「川根鵜山の七曲パラグライダーパーク」があります。ここは、大井川を眼下に、南アルプスや駿河湾、富士山を展望できる場所です。愛媛から島田へ移住し、ここでインストラクターとして働く宮田歩(みやたあゆむ)さんにお話を伺いました。

「川根鵜山の七曲パラグライダーパーク」は、2013年、地元のパラグライダー愛好家の成瀬満義さん(現七曲パラグライダークラブ会長)が、離陸場となる場所の地主や、着陸場となる地域の方と交渉し、パラグライダー専用離着陸場として整備されました。
海抜900m、北に南アルプス、東に富士山、南には駿河湾が見渡せるダイナミックな景観は、全国のパラグライダー愛好家の好奇心を掻き立て、少しずつ認知を広げていきました。島田市も、「川根鵜山の七曲パラグライダーパーク」を観光資源にできないかと検討。パラグライダースクールを誘致し、観光事業を進めることになりました。

宮田さんは、子どものころから空を飛ぶことに憧れて学生時代にハンググライダーを始め、この世界に飛び込みました。2008年JPA 国内ランキング1位、PWC アジアチャンピオン、2013年PWC スーパーファイナルチャンピオン、JPAナショナルリーグGPチャンピオンなど、世界中の大会に参戦し、華々しい成績を収めてきました。宮田さんは、当時、愛媛県に家族とともに暮らしながら滋賀県近江八幡市のハンググライダースクールでインストラクターをしていましたが、成瀬さんからの誘いを受けて、2016年に「川根鵜山の七曲パラグライダーパーク」で「SkyTECフライングアカデミー島田校」をオープン。活動の拠点を島田へ移しました。

「この場所では、大きく蛇行した大井川が作り出す独特の地形に、駿河湾から送り込まれた谷風が、安定した上昇風として作用し、パラグライダーをテイクオフさせてくれます。ここはパラグライダーの飛行エリアとしても全国トップクラス。今や全国各地から愛好家が訪れる場所になりました。パラグライダースクールを生業とする自分にとって、素晴らしい環境が整う川根地区に住むことは最高の喜びです」。

「川根地区は、大井川がつくり出す自然環境がそのまま残された素晴らしい場所。パラグライダーだけでなく、キャンプ、カヤック、トレッキング、マウンテンバイクと、さまざまなアウトドアスポーツが楽しめる最高の環境です。この魅力を全国に発信し、多くの方に川根を訪れてもらえたらと思います。
また、川根の方はみんな優しい!時々、地元の方が見学に来てくれて、お茶をふるまってくれることも。私のような移住者を快く受け入れていただき、応援してもらっています」。

「川根鵜山の七曲パラグライダーパーク」では、インストラクターと一緒に飛行を楽しむタンデムフライト(遊覧飛行)も実施しているそうです。静岡県内はもちろん、首都圏や名古屋など、遠方からも人が訪れる観光スポットとなりつつあります。急斜面から空へ飛び出すのは少し勇気が必要そうですが、見学だけでも可能とのことですので、「鵜山の七曲り」の景観を眺めに訪れてみてはいかがでしょう。パラグライダーの飛行を間近で観ることができるので、大人はもちろん、子どもにも喜んでもらえそうです。

SkyTECフライングアカデミー

住所
静岡県島田市川根町笹間渡602-70
電話連絡
090-7801-6518
営業時間
天候により異なる
定休日
天候により異なる
□駐車場/あり
□タンデムフライト(遊覧飛行):参加費用12,000円(機材貸出し、写真撮影、保険料含む)
□要予約で、空きがあれば随時受付。雨天・強風時は実施なし。