ふじのくに移住ポータルサイト

  1. ホーム
  2. ダモンデ教授の行きたいもんで!
  3. ジオガシ旅行団

ジオガシ旅行団

取材日 2016年02月29日

見て、食べて、巡るジオパーク! 伊豆半島の魅力をオリジナル菓子で発信。

2012年、日本ジオパークネットワークへの加盟が認定された「伊豆半島ジオパーク」。伊豆半島は約60万年前、本州の南に位置していた海底火山群がフィリピン海プレートに乗り、本州と衝突したことにより誕生。南からやって来た火山島なんです。そんな伊豆半島の面白さや大地の恵みを身近な体験を通じて、多くの人に知ってもらいたいと活動しているのが、伊豆半島認定ジオガイドとしても活動している女性2人からなる「ジオガシ旅行団」。

看板商品は、伊豆半島の地層や風景そっくりに作ったという、その名も「ジオ菓子」! 南伊豆出身の寺島さんが、伊豆半島の魅力をどう人に伝えるかを考える中、ふと地層が〝おいしそうなお菓子〟に見えてきたことがきっかけなのだとか(笑) 東京からUターンして伊豆の地域活性化に取り組んでいたデザイナーの鈴木さんと共に事業を立ち上げたのが2012年。伊豆半島を愛する2人により「ジオガシ旅行団」は結成されました。

現在では13種類もの「ジオ菓子」を商品化。特定の場所の地質や地形、岩の表情をモチーフにしている「ジオ菓子」は、パッケージに同封されている写真と見比べても本当にそっくり! 「ジオ菓子」を持って実際の地形や地層を見に行くツアーも企画。参加者からは「もう景色がお菓子にしか見えなくなってきた!」という声が出るほどだそうです。

「何気ないような景色の裏にもたくさんのストーリーがある」と語る、ジオガシ旅行団のお二人。お菓子片手に、そんなストーリーに思いを馳せながら風景を見る……なんて壮大でロマンチックなんでしょう! ジオガシ旅行団では「ジオ菓子」の開発・販売の他、伊豆半島の自然をめぐるツアー(シーカヤック・サイクリング等)の企画、子供向けに「ジオ菓子キッチン」の開催等も行っています。

ジオガシ旅行団