ふじのくに移住ポータルサイト

  1. ホーム
  2. ダモンデ教授の会いたいもんで!
  3. 神奈川から静岡へ移住 神山武雄さん

vol.16 神奈川から静岡へ移住 神山武雄さん

取材日 2017年02月10日

「自然」と「都会」のバランスがちょうどいい静岡!

移住のきっかけを教えてください。

大学まで神奈川県にいて、新卒で就職した会社で静岡支社に配属になりました。それから3年は静岡暮らし。山に、海に、アウトドアスポーツが好きな私にとっては最高の環境でした。その後、転職して埼玉県にある企業で2年ほど勤務したのですが、当時付き合っていた女性(今の奥さん)の実家が静岡市だったということと、静岡にいたときの〝自然に囲まれた暮らし”が忘れられなくて、もう一度静岡市に移り住むことにしたんです。

地域とのつながりはどうやってつくりましたか?

マルシェやビジネスの勉強会、大道芸ワールドカップなどのイベントに通ううちに、少しずつ友だちが増えていきました。
それから、ランニングを通じてできた仲間は大切な存在です。休日にランイベントを開催していて、元旦には「初日の出ラン」を開催したり、社会の動きに合わせてチャリティーマラソンなどのイベントを企画しています。
家から一歩出れば、海や富士山を眺められる環境は、ランニングをするのに最高です。空気が澄んでいるので、どこを走っても気持ちがいいんですよね。

静岡の魅力はどんなところですか?

静岡県は、山間部や一部地域を除いて雪が降らず、年間を通して温暖な気候で過ごしやすいんです。また、東名高速道路や東海道新幹線が通っているので、東京からのアクセスがいい。静岡駅から東京駅まで、新幹線ひかりで約1時間で着きます。身構えなくても来られる距離なので、〝移住”というより〝引っ越し”の方がしっくりくるかもしれませんね。
静岡市は大都会ほどごちゃごちゃしていない、ほどよい地方都市です。駅前には大型デパートも何店舗かあるので、生活に必要なものはなんでも揃い、ショッピングも楽しめます。また、おしゃれな居酒屋や黒はんぺんで有名な静岡おでんの「青葉横丁」があって、ひとりでふらっと飲みに行っても、すぐに打ち解ける雰囲気があるのでよく通っています。
また、「自然」と「都会」がバランスよく共存しているところも魅力です。静岡市の自然に恵まれた環境で過ごすうちに「ここで子育てをしたい」と思うようになりました。子どもを川で泳がせたり、友だち家族と一緒に山に登ったり、子育てするのに素晴らしい環境が整っています。